電力の自由化とはなんですか?

これまで電気を売る会社は地域ごとにひとつと決まっていましたが、
2016年4月1日から、 家庭を含むすべての電気を使う人が
電力会社や料金メニューを自由に選べるようになりました。
正式には「電力小売全面自由化」といいます

電気の切り替えを行うと、
停電しやすくなるなど、
電力供給において品質に影響があるのでは?

電気の切り替えによる停電のご心配はございません。
電気は生活に不可欠なものであるため、
今までどおりお住まいの地域全体で需要と供給のバランスが維持されます。
仮に小売電気業者が十分な電力を調達できなくても、
お客さまへの供給は止まらない仕組みになっています

なぜ電気料金がお得になるの?

電力の自由化後は、各小売電気事業者において料金メニューの設定が可能になるからです

電気を切り替える際、初期費用などはかかりますか?

初期費用はかかりません。
既存の電力会社からの切り替え時、スマートメーター*1の取りつけを行います。
取り付けはみの市民エネルギー株式会社から連絡を受けた
一般送配電事業者*2が行います。
原則お客さまの費用負担は発生いたしません

*1 スマートメーター | 遠隔で検針が可能な電力量計
*2 一般送配電事業者 | 電気の送電を担当する事業者で自由化後の旧一般電気事業者(北海道電力、東北電力、
北陸電力、東京電力、中部電力、関西電力、中国電力、四国電力、九州電力、沖縄電力)
の送電部門です

電力会社を変更すると、
あたらしい電線が自宅に引かれますか?

あたらしい電線は引かれません。
切り替え後も既存の送電線・配電線を経由して電気は届けられます

同じ家に住んでいる家族で
別々に電気の契約をすることはできますか?

契約は電気を使う場所ごとに結びますので、
同じ家に住んでいる場合は別々の電気の契約を結ぶことはできません

各家庭を訪問して行う屋内配電盤などの保安調査は、
引き続き行われますか?

引き続きこれまでどおり一般送配電事業者、
もしくは一般送配電事業者から調査業務の委託を受けた
登録調査機関によって行われます

電気の切り替えを行う際、
これまで利用していた電力会社への連絡は必要ですか?

お客さまご自身での連絡は不要です。
現在契約している電力会社様への解約手続きはみの市民エネルギー株式会社にて行います